30 years of embroidery history

DUOMO CO.,LTD is an embroidery facility based in Kyoto. We are a family business with over 30 years of experience in embroidery and production of giftwares | 株式会社ドゥオモは京都・亀岡を拠点にしている刺繍工場です。 主にアパレルの刺繍や刺繍雑貨の制作を行う、その道30年以上の経験を持っている会社になります。

our company history

1984 After long working in the lace industry Current President Takeharu Iwai founded an embroidery workshop for men’s and women’s clothing in Kameoka City in Kyoto Prefecture.

1991 Established DUOMO CO.,LTD.

2001 while keeping a steady work at the embroidery facility started the Import/export division for domestic wholesale of clothing brands from Europe.

2005 Opened “MARIOS LEFT TANKER”, and the “DUOMO SHOWROOM” a multi-brand shop, and agency business in the field of domestic and international clothing brands in Asia.

2007 Established “KYO-TO-TO” brand to explore further possibility of embroidery.

2013 Opened “Main shop of KYO-TO-TO” at Higashiyama in Kyoto City.

2015 after 10 years of operations closed “MARIOS LEFT TANKER”,and the “DUOMO SHOWROOM”

2016 we will open the 2nd KYO-TO-TO shop in Ginza Tokyo.(should be open around the end of MAR)

——————

1984年 現代表取締役岩井武治がレース業界で修業を積んだのち、京都・亀岡で刺繍工房を創業。主に紳士服、婦人服の刺繍加工を請ける。

1991年 株式会社ドゥオモを設立。

2001年 別業態としてインポート事業部をスタート。主にヨーロッパのファッションブランドの国内での卸売を始める。

2002年 東京・渋谷にインポート事業部の事務所を開設。

2005年 東京・恵比寿にセレクトショップ『MARIOS LEFT TANKER』をオープン。それに伴い渋谷事務所を恵比寿に移転。

2007年 新たに刺繍の可能性を考えるブランド『京東都』をスタート。

2010年 インポート事業部を『DUOMO SHOWROOM』と改名し、国内外のファッションブランドのアジアでの代理店業務をスタート。

2013年 京都・東山に「京東都 本店」をオープン。

2015年 インポート事業部を閉店。

2016年 東京・銀座に2号店「京東都 銀座」をオープン予定。

meet the team

Our awesome products are made by these genius folks